大晦日のカーリング

私の家族は、大晦日毎年テレビの紅白が始まる頃に、同居の次男家族を含めて4人の子供家族4世帯が集合し、年一回の宴会が行われます。どこのご家庭も同じ風景と思いますが、初曾孫が参加し、ちょっと人数が多く総勢28名となりました。


宴会が一息ついて、4つにテーブルの1つを残して、9時過ぎから全員参加のゲーム大会が始まります。

今年は、カーリング大会です。家族対抗戦、個人戦をトーナメント形式で行います。約二時間ほど、紅白そっちのけで熱戦となります。大変熱気を帯びた真剣勝負になっています。

   

なぜなら、賞金が掛かっているのです。私が一年間車の助手席に吊るした酒蔵の小袋に貯めた買い物の釣銭一年分だからです。その年によって金額は違い、ゲームの内容にもよりますが、今年は優勝者独り占めとしました。目につく500円玉だけで12枚はいっていましたので、結構な金額と思います。優勝は、末娘の息子21才でした、『バイト3日分』と大変な喜びようでした。準優勝は必至に追い上げた顕正(社長)でした。ゲームが終わるころNHKの「行く年くる年」の除夜の鐘が聞こえてきます。それから孫たちの有志10人ほどが少し遠いお寺に鐘を打ちに行き、今夜は茶の間に雑魚寝で正月の朝を迎えます。


 カーリングは、ご存じ北京オリンピックの種目で、北海道出身のチーム出場で注目されています。私が興味を持ったのは、弊社OB顧客のご友人のご紹介で、ある元カーリング日本代表選手のご自宅のリフォームをやらせて頂いたことによります。

只今その方のリフォーム工事中ですが、選手団に同行中の為、工事も中断して、帰国再開は、3月中旬との事です。


私も応援のつもりで、家族用のカーリングゲームを考え、弊社の作業場、倉庫から材料を探し、写真の様に作りました。ストーン探しには苦労しました。

実は、このカーリングゲームセットは、昨年11月末に開いた「LIXILおうち時間を楽しく!冬のリフォーム祭り」に「子供遊びランド」に新しいゲームを考案しようと、人気復活のボーリングと一緒に、二つのミニゲームセットを作り、昨年末のイベント加えました。

従来の「魚釣り」、「積木」、「輪投げ」に加えと、子供ランドは賑やかになりました。ところが「お米が当たるあみだくじ大会」に人気を奪われ、注目度はいまいちでした。

 このゲームは、幼稚園の孫からだれもが参加出来、勝てるチャンスにも恵まれます。心と頭脳のゲームで、大人が勝てるとは限りませんので、家族全員で楽しめます。

 興味が有れば、貸出致します。ご連絡下さい。但し、レーンの長さが2M20CMありますので、ワンボックスカーでご来店ください。作り方を知りたい方も歓迎します。  

 

 北京オリンピックでは、是非金メダルをと、祈っております。

本年も、このブログを続けたいと思っています。皆様の健やかな一年をお祈り致しております。 

 

令和4年1月25日                  漆 公彦




閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示