カーリング「銀メダル」バンザイ

カーリングのミニ体験してみませんか。弊社の事務所にカーリング場が出来ています。やってみると意外に臨場感があり、大人もはまります。


 この写真は、現場の廃材、端材で、工事の蓑島昭課長が昨年11月に作りました。ストーンは、100円ショップのガラス小瓶に色付きの養生テープを巻き付けて割れない工夫をしたものです。

 実は、昨年秋20年来のお客様のご紹介で、リフォームさせて頂いたお客様がカーリングの関係者であることが知らされました。プラン相談、商談中にご不在が多い理由が分かりました。

ご本人は、元日本チームの選手知る人ぞ知る方で、現在は日本チームの強化、韓国との代表権争い、オリンピック出場決定を陰から支える要職にあることが、少しづつ分かってきました。

昨年、その応援の為、LIXILショールームで実施した弊社のイベント「おうち時間を楽しく、冬のリフォーム祭り」の会場で、子供広場を作りました。その際、家族で出来るミニカーリング場、ミニボーリング場を造りました。ご来場のご家族に結構あそんで頂きました。


大晦日には、私の自宅で子供孫たち28人で家族対抗戦を行い、除夜の鐘が鳴るまで、夢中になって遊びました。

カーリングの面白さ、奥深さを実感いたしました。


さて、そのころはまだオリンピックでここまでの成績は夢にも思っておりませんでした。お客様には、オリンピックが終わって、帰国されましたら、未完成部分の工事を続けますねとの会話を交わしておりました。

今から、どんなお声を掛けたら良いかと、ドキドキしています。こんな身近にこんな出会いがあるとは,私も夢のような体験をしました。冥途の土産になりそうです。





閲覧数:23回0件のコメント