【 S 様邸 DATA】 ◎家族構成/お祖母様・娘様ご夫婦 ◎工事期間2ヶ月



■対面式キッチンを開放して明るく、車椅子で楽に入れるスタイルに。
■IHヒーターに加え、シンクなどの高さを低くして簡単に使用出来るようにしました。
(※下記掲載写真参照ください)




■開きドアを全て引き戸形式に。これで車椅子がぶつかることなく移動できるようになりました。




■介護には重要な段差を 解消。不自由なく動線を確保、全室の移動がスムーズに。




■ユーテリティも段差解消しました。生活には欠かせない場所なので毎日のストレスも軽減!




■意外に盲点な電気などのスイッチ。通常は赤丸のついた位置にありますが、
施工後は位置を下げて手を伸ばさなくても操作が出来る仕様に。




■通常は靴箱だったスペースをあけて外出用の車椅子を置きます。お出かけも楽になりました。



■キッチンの高さも介護用なので低めに作っています。
通常は150数センチの女性で腰のあたりまでの高さですが、
立たなくてもいいように腰より下の位置になっています。
■深く手を伸ばさなくてもいいように台所シンクは浅く出来ていて これにより手元で家事がこなせるようになります。



■右・左どちらからも入れるように思い切って引き戸形式に。
もちろん段差は解消済み
■普通のトイレより動きやすいように便座より前が
長く空いています。
■これが今回の介護用トイレの全貌です!
色の違う奥のスペースは介助する人のスペースです。
これなら介護する人・される人も動きやすく便利です。
■ちなみに便座から奥のスペースまでの広さは約150センチ。
写真モデルの両腕を広げるほどの広さです






ページtopへ▲

Designed by CSS.Design Sample